早春の花を訪ねる登山会

2022年05月02日

5月1日曇天の中、櫛形山のネット点検を会のメンバー11名と南アルプス市役所のユネスコエコパーク担当の方2名により実施しました。見晴らし平まで車で移動し、北尾根登山口からアヤメ平へ向かいました。

アヤメ平では、前回処理できなかった倒木を業者へ依頼するための確認と、前回ネット柵内で発見したカモシカを追い出す作業を行いました。先にネット柵点検を行った後、ネット柵内を横一列になり縦断しましたが、カモシカの姿はありませんでした。倒木でネットが倒れている部分があったので、そこから出て行ったと思われます。

一同ほっとして昼食をとったのち、新たにネット柵を設ける位置を市役所の方と確認し、資材の在庫確認をおこない、見晴らし平へ下りました。

雨が強くなってきましたが、中尾根登山口のカタクリを見に移動し、今年は少し遅れているカタクリやカタバミを確認してから櫛形山をあとにしました。下山後もチゴユリが咲いているという場所へ寄り道したりして、集合場所の富士川町役場前へ15時過ぎに到着しました。

寒く雨が降っているにもかかわらず、山野草を愛する会員の思いを感じる一日となりました。

(記 水間)

倒木を処理

参加者の集合写真

ミヤマスミレ

フデリンドウ

ヒトリシズカ

ニリンソウ

コミヤマカタバミ

オオカメノキ

エイザンスミレ

チゴユリ

Copyright(c) 2015 KUSHIGATAYAMA wo aisuru kai All Rights Reserved.