鹿除けネット点検

2018年06月25日

平成30年度第4回鹿除けネット点検が、6月24日に会員7名の参加により実施されました。

当日は梅雨の中休みで曇でしたが、一日中雨はなく活動することができました。

裸山ではアヤメ(菖蒲)をはじめミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)、ヤマオダマキ(山苧環)やグンナイフウロ(郡内風露)など多数確認でき、来月にかけてさらに花々を楽しめることと思います。

なお、裸山でイタチ科の小動物のテン(貂)を目撃しました。テンはネットを乗り越え内部にはいりましたが、昆虫等を捕食する雑食性のため、植物への影響はないものと考えられます。

アヤメ平は裸山に比べ花々の開花数は少なかったですが、今後楽しめるものと思います。

帰路に池の茶屋登山口周辺でサラシナショウマやレンゲショウマ復活のために設置したネットが、劣化のためかポール上部の水平ロープより数十米ほど脱落し、鹿の侵入口となっていることを確認しました。

周辺の植物の食害も多数確認されたため、早急の対応が必要となりました。

(記 榎本教良)

アヤメ(裸山)

ミヤマキンポウゲとヤマオダマキ(裸山)

グンナイフウロ(裸山)

テン(裸山)

裸山にて

ネット脱落部

Copyright(c) 2015 KUSHIGATAYAMA wo aisuru kai All Rights Reserved.